医学部の受験は最低でも偏差値60は必要と言われる理由

ドクターになるための大学に入りたいと志願している人は、一年間に15万人以上

ドクターになるための大学に入りたいと志願している人は、一年間に15万人以上医療系でも費用は通常の国公立程度の費用ですので夢のような話私立大学に入るよりも、国公立なら非常に学費が安いです

少子化と言われる現代ですが、難関大学や医学部などの受験者数は減ることはなくむしろ増えているのが実情です。
特に、手に職をつけたいと考える人の間でも最高峰と言われる国家資格であるドクターになるための大学に入りたいと志願している人は、一年間に15万人以上とも言われます。
高校生の時に、将来医学の道を志している人は中高一貫などの進学校に通っているケースが多いです。
その最低ラインは偏差値60と言われていますが、このラインは比較的優秀と言われている数字ではあるものの医学部受験の場合には、最低ラインと言われています。
各都道府県のトップ校の生徒でもすべての生徒が合格することができるわけではない狭き門が、医学部です。
そのため、その道を志すスタート地点で最低でも60という偏差値を持っている生徒は、到達地点までの道が短いですし地頭が良いということになりますので比較的希望が持てます。
しかし、それ以下の生徒では実際に予備校に通ったとしてもなかなか合格への道に到達するまでには時間がかかるというのが実情です。
医学の道を志す場合、親がドクターという人は少なくありません。
それは、私立大学に通う場合には、費用で数千万程度かかるためです。
一般家庭にこのような金額が出せるはずもありませんし、そのため通常は国公立を目指すことになります。
もちろん、病院の後継ぎといった特殊な立場の人は私立大学の数千万を支払うのは難しくありません。
しかし、そのような恵まれた立場の人ばかりではありませんので、一般家庭の人は医療の道を志すことも難しいです。

とある医大生の医学部合格勉強法の質問箱です
2浪ののち、複数の私立医学部に正規合格した現役医大生です。
勉強法を中心に自身の経験から医学部受験のノウハウや情報を発信していきます。
https://t.co/BTHD0vhI6a

— とある医大生の医学部合格勉強法 (@RAYUZpp7RbjeAig) 2019年9月3日